fc2ブログ

記事一覧

トシ・ヨロイヅカの「シュトーレン」

今年も、トシ・ヨロイヅカの「シュトーレン」を買いました。    1個 3,400円          シュトーレンは、ドイツのクリスマス定番のお菓子。22個に切り分けました。          なかは、ナッツと フルーツの砂糖漬け。          美味しいです。いまの時期、パティスリーや ベーカリーなど いろんな所で「シュトーレン」が販売されています。あたしんちは、3年連続で トシ・ヨロイヅカの「シュトー...

続きを読む

ぎをん小森の「抹茶わらびもち」

ぎをん小森で「わらびもち」食べようと思って 店に行ったら、店の前に行列ができていたので、イートインを諦めて テイクアウトにしました。          「抹茶わらびもち」    1箱(12個入) 1,050円          別添えの「黒みつ」を付けて、家で食べました。          ふつうに 美味しいです。テイクアウトは行列にならばなくていいので 便利ですが、イートイン、店で食べたのほうが 断然美味し...

続きを読む

二條若狭屋の「不老泉 葛湯(プレーン)」

二條若狭屋の「不老泉 葛湯(プレーン)」です。    1個 313円          作り方は、お椀に「葛湯(プレーン)の粉」を入れて、          熱湯を注いで かき混ぜたるだけ。とろみが出たら 完成です。          葛湯(くずゆ)を飲むと、からだも こころも あったまります。「ほーっと」します。美味しいですよ。「葛」は、「久寿」とも書けるので 縁起が良いです。無病息災で 長生きしますよ。...

続きを読む

やまり菓子補の「六代目 栗蒸しようかん」

やまり菓子補の「六代目 栗蒸しようかん」を買いました。    1本(408g) 5,010円          「幻の栗蒸し羊羹」と賞される「栗蒸し羊羹」です。    (要冷蔵)          12個に切り分けて食べました。          栗は、茨城県岩間の生栗。ようかんのなかに、「これでもかー」というくらい 栗がいっぱい入っています。びっくりしますよ。とても美味しいです。値段は高いですが、食べたことが...

続きを読む

食品の原材料表示

明治7年(1874年)創業、京都の 甘栗の老舗、 林万昌堂の「甘栗納糖(あまぐりなっとう)」を買いました。    1袋(5粒入) 350円          栗を 糖蜜で煮詰めた「栗の甘納豆(くりのあまなっとう)」です。          原材料 栗甘納豆(中国製造)(栗、砂糖)、砂糖/酸化防止剤(V.C、EDTA-Ca*NA)、クチナシ色素、漂白剤(亜硫酸塩)内容量 50g販売者 ㈲林万昌堂    京都市下京区四条通寺町東入ル御旅...

続きを読む

くらま辻井の「山椒じゃこ」

くらま辻井の「山椒じゃこ」を買いました。    1包(48g入) 864円          ちりめんじゃこと 山椒の実と 山椒の葉を炊いた 佃煮。「ちりめん山椒」です。          「俵形のおにぎり」を作って 食べました。          うまい。うますぎる。自画自賛で すいません。あたしでした。山椒じゃこ原材料 ちりめんじゃこ、山椒(実、葉)、醤油、砂糖、味醂/調味料(アミノ酸等)、保存料(ソルビンさ...

続きを読む

巖邑堂(がんゆうどう)の「栗蒸し羊羹」

巖邑堂(がんゆうどう)の「栗蒸し羊羹」を買いました。    1棹(285g) 1,696円「栗羊かん」と書いた箱に入っています。          栗は、浜松近郊で収穫された 栗。餡は、しゅまり小豆を使った 餡。美味しいと評判の「栗蒸し羊羹」です。          16個に切り分けて 食べました。          「栗」の美味しさもさることながら、「羊羹」が もちっとして 弾力があって とても美味しいです。世の...

続きを読む

出町ふたばの「栗赤飯」

出町ふたばの「栗赤飯」を買いました。    (小・260g) 1,200円          丹波大納言あずきの「あずきしぶ」で色づけをした、丹波栗と 丹波大納言あずきの「栗赤飯」です。          電子レンジでチンして食べました。          出町ふたばの「栗赤飯」は 美味しいか? って、むろん、まろん、とても美味しいです。「栗赤飯」を買うなら、出町ふたば。間違いありません。出町ふたばの「栗お...

続きを読む

京佃煮舗 やよいの「徳用おじゃこ」

京佃煮舗 やよいの「徳用おじゃこ」を買いました。    1袋(80g入) 1,080円          「おじゃこ」とは、 「ちりめん山椒」のこと。「ちりめんじゃこ」と「実山椒」を 炊いたん。京のお番菜(おばんざい)です。 (京都人は おばんざいという言葉は使いませんけど)          アツアツご飯にふりかけて食べました。          しっとり やわらかくて、超美味しいです。自家用なら 箱は要らな...

続きを読む

仙太郎の「こぐり」

仙太郎の「こぐり」を食べました。    1箱(8個入) 951円1個(20g)あたり 118円          秋の味覚「栗」をかたどったお菓子です。          なかは、栗餡。そとは、こし餡入りの 桃山生地。サイズは、ほんものの栗と 同じくらいの大きさです。          仙太郎の「こぐり」は、俳優の小栗旬のお気に入りのお菓子。か どうかはわかりませんが、あたしは 好き。ちゃんと 栗の味がして、美味...

続きを読む

二條若狭屋の「不老泉 葛湯(しるこ)」

二條若狭屋の「不老泉 葛湯(しるこ)」です。    1個 313円          作り方は、器に「葛湯(しるこ)の粉」を入れて、          熱湯を注いで かき混ぜたるだけ。とろみがでたら 完成です。          超 簡単、楽々に作れます。苦労せんから「不老泉」と言うわけではないですが、有ると 便利です。これからは、こういうあったかいものが嬉しいですね。美味しいです。「千鳥のあられ」が可愛...

続きを読む

あたしんちの庭の「モミジ」

あたしんちの庭の「モミジ」です。左が、「オオイタヤメイゲツ」。右が、「シギタチザワモミジ」。          紅葉状況は、三分〜五分。          「チシオモミジ」、「イロハモミジ」、「山モミジ」は、色づき始めです。あたしんちの 紅葉だよりでした。あたしでした。                    あたしんちの庭の「モミジ」 2023年4月にほんブログ村...

続きを読む

京佃煮舗 やよいの「夕ぐれ」

京佃煮舗 やよいの「夕ぐれ」を買いました。    筒形容器入 1個(100g) 756円          「おじゃこ」で有名な「京佃煮舗 やよい」が造る、小さな角切り昆布と 干し柿の佃煮です。 (秋季限定商品)          アツアツのご飯のせて食べました。          とても美味しいです。ご飯がすすみます。お茶づけにも合います。一気に、1個(100g)全部食べてしまいました。あたしでした。夕ぐれ内容...

続きを読む

粟餅所 澤屋の「あわ餅」

粟餅所 澤屋の「あわ餅」をテイクアウト。家で 食べました。          北野名物「あわ餅」    5個入り 750円          「あわ餅」をこし餡で包んだものと、「あわ餅」をきな粉で包んだものの 二種類。丸いのが「こし餡 3個」。長いのが「きな粉 2個」です。          とても美味しいです。澤屋の「あわ餅」を食べるときに注意することは、買ったら すぐに食べること。すぐに食べるのが 一番...

続きを読む

ブギウギ「ラッパと娘」

NHK 連続テレビ小説「ブギウギ」の 福来スズ子(趣里)のこと。第18回の「ラインダンス」も良かったが、第30回の「ラッパと娘」は、更に良かった。          今年の紅白歌合戦に 福来スズ子(趣里)が出るみたいなので、10年以上 紅白歌合戦を観ていない あたしですが、今年は、紅白歌合戦を観ようと思います。福来スズ子(趣里)のところだけは 絶対に。NHK 連続テレビ小説「ブギウギ」は ほんとうにおもしろいです。あ...

続きを読む

常盤堂雷おこし本舗の「手古舞」

常盤堂雷おこし本舗の「手古舞」を食べました。    1袋(150g入) 648 円          左端の上下が、常盤堂を代表する雷おこし「上磯部おこし(黒糖・白砂糖) 12個」その右側が、六色の雷おこし「味六宝 34個」合計 46個入り          東京、浅草寺 雷門の「雷おこし」です。          死ぬまでに一度は食べておくとよいです。食べないと、バチが当たるかもしれませんよ。「あほくさ」と言わ...

続きを読む

永楽屋の「大判おはぎ」

昭和21年(1946年)創業の佃煮と和菓子の店 永楽屋で、「永楽屋名物 大判おはぎ」を買いました。    1個 649円          1個 310g          超特大の 粒あんのおはぎです。          ずっしりと重い。あなたが好きな人と 永楽屋の「大判おはぎ」を食べると あなたのおもいが 相手に伝わりますよ。1個食べれば 幸せいっぱい、腹いっぱいになります。あたしでした。おはぎ(小豆)原材料 砂糖(...

続きを読む

出町ふたばの「栗餅」

出町ふたばの「栗餅」を食べました。       3個 960円  1個(78g)あたり 320円          秋季限定品。          丹波栗と こし餡の 「栗大福」です。          超美味しいです。 出町ふたばは「豆餅」が超有名ですが、秋は、絶対に「栗餅」です。おすすめします。あたしでした。                       出町ふたばの「栗餅」 2020年にほんブログ村...

続きを読む

仙太郎の「ゐのこ餅」

11月1日は「亥の子の日」ということで、「ゐのこ餅」を食べました。    仙太郎の「ゐのこ餅」    1箱(6個入) 918円1個(41g)あたり 153円          「うり坊(イノシシ)」に見立てた 餅菓子です。          なかは、こし餡。          仙太郎の「ゐのこ餅」は、甘さが丁度良くて、舌ざわりが良くて、やわらかくて、とても美味しいです。亥の子の日に 亥の子餅を食べると 無病息災で暮...

続きを読む

ミスタードーナツの「ハロウィン限定ドーナツ」

ミスタードーナツで、「ハロウィーン限定ドーナツ」を買いました。          左から、「ポン・デ・チョコデビル」    1個 183円「ホワイトファッションキャット」    1個 183円「ブラックフレンチキャット」    1個 183円          「ポン・デ・チョコデビル」は、生地が ポン・デ・リング。「ホワイトファッションキャット」は。生地が オールドファッション。「ブラックフレンチキャット」は...

続きを読む

TVアニメ「薬屋のひとりごと」

TVアニメ「薬屋のひとりごと」を観ました。          超おもしろいです。放送は 深夜なので、録画して観ることを おすすめします。あたしでした。薬屋のひとりごと     https://www.bs4.jp/kusuriyanohitorigoto/にほんブログ村...

続きを読む

たねやの「栗饅頭」

10月27日は、十三夜(栗名月)の お月見。          御供えは、栗名月につき「栗饅頭」「たねや」の「栗饅頭」です。    1箱(5個入) 1,026円1個(50g)あたり 205円          なかは、白餡と 刻んだ栗。          とても美味しいです。十三夜の お月見をして、たねやの「栗饅頭」を食べて 幸運(ツキ)を呼び寄せる。きっと、良いことがあるでしょう。あたしでした。栗饅頭原材料 白生あん...

続きを読む

虎屋の「生菓子」

虎屋の「生菓子」を 2個 買いました。          左が、羊羹製の生菓子「千代の菊(ちよのきく)」    1個 540円右が、こし餡入り 栗きんとん製の生菓子「栗粉餅(くりこもち)」    1個 637円          特に、「栗粉餅(くりこもち)」は、いまの季節 とても人気があります。          超 美味しいです。「生菓子」を食べて 季節を感じる。いつも、穏やかに 心豊かに過ごせますように。あ...

続きを読む

鍵善良房(かぎぜんよしふさ)の「里の秋」

京和菓子の老舗、「くづきり」が超有名な店、鍵善良房(かぎぜんよしふさ)で「里の秋」を買いました。          秋の味覚、「柿」。          こなし製の「生菓子」です。    2個 960円1個(50g)あたり 480円          菓銘が、「里の秋」。なかは、こし餡です。本物の「柿」だと思ったでしょ。ほんとうに よく出来ています。季節を愛でる和菓子を食する。わたしは そういう暮らしを大切に...

続きを読む

永楽屋の「ちりめん山椒」

昭和21年(1946年)創業の佃煮と和菓子のお店、永楽屋の「ちりめん山椒」を買いました。    1袋(50g入) 949 円          ちりめんじゃこと 山椒の実を炊いたん。京都名物の 佃煮です。          あつあつご飯にのせて食べました。          やわらかくて、味はあっさりめ。あたしの好きなタイプの「ちりめん山椒」です。とても美味しいです。おすすめします。あたしでした。ちりめん山椒原材...

続きを読む

つちやの「のし柿」

宝暦年(1755年)創業、つちやの「のし柿」を食べました。    1箱(6包入) 810円    1包(22g)あたり 135円          1包に 2枚入っています。    1枚(11g)あたり 67円          「のし柿」は、柿を羊羹と一緒に練って、短冊状に切り分けたお菓子。          とても美味しいです。「柿が赤くなれば 医者は青くなる」という ことわざがありますが、柿を食べれば 健康に暮らせます...

続きを読む

村岡総本舗の「くろぼう」

村岡総本舗の「くろぼう」を食べました。    1袋(10本入り) 648円1本(19g)あたり 64円          明治32年(1899年)創業、「小城羊羹」で有名な 村岡総本舗がつくる 肥前銘菓「くろぼう」。          「くろぼう」は、黒砂糖、卵、小麦粉などを混ぜて焼いた 南蛮菓子です。          あたしは、子どもの頃に 駄菓子屋で買って食べたことがあります。店内には、量り売りのお菓子や、くじが...

続きを読む

鎌倉小川軒の「鎌倉ビスケ」

鎌倉小川軒の「鎌倉ビスケ」を買いました。    1箱(12枚入) 880円          左が、「鎌倉ビスケ(アーモンド)×6枚」。    (サイズ 45mm×70mm、重さ 13g)右が、「鎌倉ビスケ(カカオニブ)×6枚」。    (サイズ 45mm×70mm、重さ 12g)          「アーモンド」と「カカオニブ」をトッピングした 2種類のバターサブレ詰め合わせです。          美味しいです。「日持ちがしないもの...

続きを読む

くらま辻井の「山椒じゃこ」

くらま辻井の「山椒じゃこ」を買いました。    1包(48g入) 864円          ちりめんじゃこと 山椒の実と 山椒の葉を炊いた 佃煮。「ちりめん山椒」です。          あつあつご飯にのせて食べました。          とても美味しいです。お土産に最適。たいへん喜ばれます。鞍馬だけに 鼻高々。誇らしい気持ちになるでしょう。あたしでした。山椒じゃこ原材料 ちりめんじゃこ、山椒(実、葉)、醤...

続きを読む

ヨックモックの「シガール」

ヨックモックの「シガール」を食べました。          ヨックモックの代表商品。          フレッシュバターを使った ラングドシャ生地を、筒状に巻いた クッキーです。          あたしが よく食べるお菓子、その一つが「ヨックモック」です。自分で買ったものではなくて、いただいたものですがー。美味しいですよね。あたしも、「ヨックモック」を贈ることが多いです。あたしでした。シガール原材...

続きを読む

釣鐘屋本舗の「釣鐘まんじゅう」

明治33年(1900年)創業の菓子店、 釣鐘屋本舗の「釣鐘まんじゅう」を食べました。1袋(3個入) 496 円1個(40g)あたり 165円          聖徳太子が建立したお寺、大阪の四天王寺の「大梵鐘」を模してつくった和菓子。          釣鐘の形をした こし餡の「カステラまんじゅう」です。          ふつうです。四天王寺参詣の折に ぜひ どうぞ。あたしでした。釣鐘まんじゅう原材料 小豆餡(砂糖、小...

続きを読む

ブギ

「ブギ」とは、「ワカナ」→「ツバス」→「ハマチ」→「メジロ」→「ブリ」と名前を変える 出世魚、「ブリ」のことではありません。          清朝 最後の皇帝(ラストエンペラー)の「愛新覚羅溥儀(フギ)」のことでもありません。「ブギ」とは、「ブギウギ」のこと。NHKの 朝ドラ、趣里 主演の「ブギウギ」のことです。主人公のモデルは、「ブギの女王 笠置シヅ子」。          いままで、「大河ドラマは観ても...

続きを読む

柴舟小出の「柴舟」

柴舟小出の「柴舟」を食べました。    1袋(10枚入) 756 円1枚(10g)あたり 75円          石川県 金沢銘菓。柴舟小出の代表商品。          表面に 生姜蜜(しょうがみつ)を塗ったせんべいです。          柴舟小出の「柴舟」は、いままでに 何度も食べたのに、記事にするのは 今回が初めてです。しょうがねーなあー。でも、そういうことって あるよね。柴舟小出の「柴舟」、とても美味し...

続きを読む

紅葉屋本店の「五家寶」

明和2年(1765年)創業、紅葉屋本店の「五家寶」を食べました。    1袋(12本入) 432 円1本(13g) 36円          「五家寶」と書いて「ごかぼう」。          蒸したもち米を伸ばして 乾燥させて、水飴や 砂糖で棒状に固めて、表面に きな粉をまぶしたお菓子です。          なんとも言えない食感。甘さ控えめで 素朴な味。草加の「草加せんべい」、川越の「芋菓子」とともに、埼玉三大銘菓...

続きを読む

「うなぎ」と「へび」

秋バテ気味なので「うなぎ」を食べました。          美味しいです。          いつも 思うんだけど、「うなぎ」や「あなご」はスキだけど、「へび」はキライという人が居ます。「かに」はスキだけど、「くも」はキライという人が居ます。シルエットが似ているのにね。 なんでだろう?あたしも、「へび」や「くも」は キライです。あたしでした。にほんブログ村...

続きを読む

中秋の名月(芋名月)

9月29日は、中秋の名月(芋名月)。          お供え物の お月見だんごは、5個。          餅に こし餡を巻き付けた「里芋形のお月見だんご」です。          美味しくいただきました。どうして、お月見だんごを食べるのか 知っていますか?「健康と幸せをゲッツできる」と信じられているからです。食べなかった方は、今日 買って食べると良いでしょう。あたしでした。にほんブログ村...

続きを読む

くらま辻井の「木の芽煮」

くらま辻井の「木の芽煮」を食べました。    1包み(80g入) 648円          葉山椒、山椒の実、昆布を炊いて、細かく刻んだ 佃煮。くらま辻井の看板商品です。          あつあつご飯に乗せて食べました。          美味しいです。ご飯がすすみます。夏バテ気味の方は ぜひ試してみてください。元気な方は 食べ過ぎに注意してください。あたしでした。木の芽煮原材料 昆布(国産)、山椒の実・...

続きを読む

金融庁の 金融機関のマネロン対策にご協力ください

A信用金庫から「金融庁の 金融機関のマネロン対策にご協力ください」という葉書が届きました。A信用金庫に この葉書を持って行って、質問(取引の目的と仕事)に答えたら、あっと言う間に、ハイ、終了。口座やお金が、知らないうちに 犯罪やマネーローンダリングに使われてしまう。口座を通じて 犯罪者やテロリストにお金が流れ、犯罪やテロを起こされてしまう。このような被害を防ぎ、くらしの安全・安心を守る目的で実施している...

続きを読む

きなこのおはぎ

秋のお彼岸につき、「おはぎ」を食べました。          「きなこのおはぎ」です。          なかは、粒あん。          美味しいです。みなさんは、「おはぎ」と「ぼたもち」の違いを知っていますか?秋のお彼岸の頃には「萩の花」が咲くから「お萩(おはぎ)」と言います。春のお彼岸の頃には「牡丹の花」が咲くから「牡丹餅(ぼたもち)」と言います。「おはぎ」と「ぼたもち」は 同じものなんで...

続きを読む

赤城乳業の「ガリガリ君 ソーダ」

赤城乳業の「ガリガリ君 ソーダ」です。    1箱(7本入) 235円1本(66g・棒を含む)あたり 33円          ソーダアイスの中に、ソーダカキ氷を入れた アイスキャンディーです。          ガリガリとした食感がたまりません。          今年、あたしが 一番たくさん食べたアイスキャンディーが「ガリガリ君 ソーダ」。あたしは、「ガリガリ君(1本 40kcal)」を食べまくって デブになりました...

続きを読む

「おゝきに」とは「ありがとう」のことです

文化3年(1806年)創業の 老舗和菓子店、柏屋光貞(かしわやみつさだ)の「おゝきに」です。          「おゝきに」とは、「ありがとう」のこと。「thank you」のことです。あたしと 友人は、「ありがとう」の言葉を すごく よく使います。しかし、「thank you」の意味で使うのは、全体の 39%以下。約10%ですね。ほとんどの場合、「ありがとう」は「あいさつ」で使います。そして、返事をするときは、「yes」のときも...

続きを読む

柏屋光貞(かしわやみつさだ)の「おゝきに」

文化3年(1806年)創業の 老舗和菓子店、柏屋光貞(かしわやみつさだ)の「おゝきに」を食べました。          「白」13個、「茶」12個、「緑」12個、「ピンク」12個と、「季節の干菓子」1個。          1個(約5g)。15ミリ角の キューブ型の 寒天製の半生菓子です。          「白」は プレーン、「茶」は 黒糖、「緑」は 柚子、「ピンク」は 梅、4つの味が楽しめます。超甘くて 美味しいです。柏...

続きを読む

山モミジ

あたしんちの庭の「イロハモミジ」が 夏の暑さで枯れてしまったので、          その場所に、「山モミジ」を植えました。          きっと 上手く育つと思います。ヤマカンですけど。あたしでした。                        イロハモミジ 2023年にほんブログ村...

続きを読む

アトリエうかいの「フールセック・小缶」

アトリエうかいの「フールセック・小缶」を買いました。       1缶 2,800円          7種類のクッキー詰め合わせです。          一番左 上段が、●花型のウィーン風クッキー・木苺のジャムサンド 4個一番左 下段が、●香ばしいゴマのガレット 3個左から二番目 上段が、●砂のようにほとほけるメープルクッキー 3個左から二番目 下段が、●パッションジャムをのせたチョコレートクッキー 4個左か...

続きを読む

つちやの「早瀬鮎」

つちやの「早瀬鮎」を食べました。    1袋(3個入) 493円1個(45g)あたり 164円          「早瀬鮎」と書いて「はやせあゆ」。柿羊羹で有名な「つちや」が造る、「鮎」の形をした 調布製の和菓子です          なかは、求肥。          うまいです。つちやの「早瀬鮎」は、「長良川の鮎」を意匠して造っているのだそうです。長良川は、「鵜飼い」で 全国的に有名ですからね。納得です。あた...

続きを読む

金蝶園総本家の「若鮎」

金蝶園総本家の「若鮎」を食べました。    2個 340円1個(50g)あたり 170円          金蝶園饅頭や 水まんじゅうで有名な 金蝶園総本家が造る、「鮎」の形をした調布製の和菓子です。          そとは、薄いカステラ生地。なかは、求肥餅。          美味しいです。「若鮎」は、岐阜県の代表銘菓。食べると 若返るそうです。あたしでした。若鮎原材料 上白糖、餅粉、小麦粉、卵、味醂、水飴...

続きを読む

可愛い女性

「イボ痔を搾り取る医薬品」すご。9割が知らない裏ワザ          この可愛い女性の顔を「じー」っと 見る。素朴な疑問だけど、この可愛い女性は 「イボ痔」なんだろうか?あたしでした。にほんブログ村...

続きを読む

松華堂の「若鮎」

松華堂の「若鮎」を食べました。    1個(50g) 220円          愛知県半田市にある 和菓子の名店、松華堂が造る鮎の形をした 調布製の和菓子です。          なかは、とろーっとした求肥。          とても美味しいです。調布製の和菓子「若鮎」は、和菓子店なら ほとんどと言っていいくらい どこの店でも販売していますが、「一年中 販売している店」と、「夏の時期にしか販売しない店」の二...

続きを読む

松華堂の「純生水羊羹」

松華堂の「純生水羊羹」を買いました。    1棹(500g) 1,750円          愛知県半田市にある 和菓子の名店、松華堂が造るプラスチックの容器のなかに流し入れた「生タイプの水ようかん」です。  (季節限定販売)          冷蔵庫で よく冷してから、4個に切り分けて食べました。          口中で 「水ようかん」がとろけます。甘くて、滑らかな のど越し、とても美味しいです。松華堂の「...

続きを読む

乃し梅本舗 佐藤屋の「梅しぐれ」

乃し梅本舗 佐藤屋の「梅しぐれ」を食べました。    1袋(140g入) 648 円          佐藤屋の代表商品「乃し梅」を短冊に切って、砂糖をまぶした梅菓子です。          飲み物は、越後の銘酒「雪中梅」の 梅酒の炭酸割り。          梅菓子と梅酒で 相性もバッチリ。超うめぇー。最高です。あたしでした。佐藤屋 梅しぐれ原材料 砂糖(国内製造)、梅肉、水飴、寒天内容量 140g製造者 ㈱佐藤...

続きを読む

プロフィール

カレンダー

11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

お知らせ

FC2カウンター

フリーエリア